未知数Xを求めて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

21世紀流グローバルサバイバルのススメ

MENU

不安定な時代に食いっぱぐれないために、最低限身につけるべき5つのスキル

 

f:id:gayan2:20160405153434p:plain

 

これからの時代、人工知能の発展や、外国人労働者の流入で、

20年後に今ある職業の半分はなくなると言われています。

 

diamond.jp

 

「あと数年で、自分がちゃんと稼げているのだろうか...」

「家族を養っていけるのだろうか...」

 

多くの方々の不安が聞こえてくるようです。

 

そんな中、これだけは!と思うスキルを3つ紹介していきます。

 

1,情熱を傾けられる「天職」を見つけるスキル

f:id:gayan2:20160401182001p:plain

これは意外かもしれませんね。

僕は、人工知能の限界は「クリエイティビティ」だと考えています。

あらゆる情報を統合して、突然パッと何ががひらめく瞬間。

そういった偶発性は、人工知能にはしばらく置き換えれられないと思います。

 

それでは、どのように人工知能にリプレイスされないクリエイティビティを身につけるのか?

僕は「自分の天職を見つける」ことだと考えています。

 

人は本当に自分の好きなことでしか、高い創造性は発揮できません。

 

「今日も会社いやだな...」

 

と思いながら、ものすごい売り上げを上げるようなアイデアを思い立つことがあるでしょうか?

 

そうです、あなたにとっての「天職」を見つけるべきなのです。

 

自分にとって、本当にやりたいこと、情熱を傾けられることを早く見つける必要があります。

 

僕の師でもあるデータアナリストで世界一の賞を獲得された岩本さんの書籍に、詳しく詳細が書かれているので、ぜひご一読下さい。

岩本さんの、発達障害の克服過程で「天職」を見つけることが、いかに大切かが書かれています。

 

発達障害の自分の育て方

発達障害の自分の育て方

 

  

他にもこんな本もあります。学生の頃、こんな本を100冊以上読みました(笑)

 

自分未来編集

自分未来編集

 

  

 

2,ネットで稼ぐスキル

f:id:gayan2:20160401182545p:plain

 

いかにもイケダハヤト氏の信者のような論調になってきましたね(笑)

でもこれ、本当に自由に生きるために、食いっぱぐれないための最大のリスクヘッジだと考えています。

 

僕は就職活動の際にこのことに気づき、自分でもなんとか食っていける、ウェブマーケティングのスキルを学べる会社に入りました。

 

ちなみに、皆さんは「プロブロガー」という職業ができてることをご存知でしょうか。

 

以下に数名紹介します。 

 

驚くかもしれませんが、僕の友人で新卒でフリーランスになった「やぎろぐ」八木君のブログが、1ヶ月に稼ぎだす金額。

 

なんと「115万円」です(笑)

 

www.jimpei.net

 

また僕の先輩の「らふらく」の鈴木さんも、月商35万(おそらく今はもっといってるはず)ものすごい額をブログで稼ぎだしています。

laugh-raku.com

 

 ここで言う「ネットで稼ぐスキル」とは、ブログなどのウェブサイトを使って、

サイト上にGoogleアドセンスや、アフィリエイト広告を掲載し、そこから売り上げに貢献すると収入が入るモデルです。

 

f:id:gayan2:20160401185501j:plain

アフィリエイトの仕組みと初心者が最も稼ぎやすい手法とは? | ネットで稼ぐを実現させて自由になった元夢追いフリーターのブログ「On Your Mark」

 

 巷では、胡散臭いと悪評高いアフィリエイトですが、

ちゃんとした企業のマーケティング手法であり、

体系的に理論を学べば、誰にでも一定額を稼げるようになる可能性が高いです。

 

 以下に、アフィリエイトやネットビジネスの考え方を学ぶ上で有効だった本を掲載しておきます。

 

これもアマゾンアソシエイトというアフィリエイトです(笑)

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

 

 

 正直この一冊で十分なくらいの良書です。

アフィリエイトをやる上でのマインドセットから、

自分の書きたいことをマーケットのニーズに合わせた上で書くということが書かれています。そもそものビジネスの基本が書かれていて大変勉強になります。

 

Webマーケティング基礎講座

Webマーケティング基礎講座

  • 作者: 村上知紀,渥美英紀,松田昭穂,野口竜司,阪田裕里子,北村伊弘,高見俊介,石井陽子
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

これは、SEOなどのウェブマーケティングの基礎知識を体系的に学ぶことができる、大変おすすめな本です。ちょっと専門的にはなりますが、どのようにKPIを設定して改善につなげていくかなどが書かれています。

 

3,人脈を広げる力

f:id:gayan2:20160401191340j:plain

 

これも非常に大切だと考えています。

 

「個」の時代になると、仕事をくれるのは自分のことを信頼してくれる他人です。

そのため、良質かつ仕事をいただける人脈を創ることが大切です。

 

しかし、これまで述べた中で一番難しいのがこれです(笑)

 

そもそも、何のための人脈なのかということがちゃんと見えてないと、ただ人に会って消耗するだけです。

「まだ出会いで消耗してるの?」と言われてしまいます(笑)

また、自分に信頼感がなければこれは成立しません。

 

僕は今でこそ、大企業やベンチャーの経営者の方々、大物政治家や大学教授などそうそうたる方々とお会いできるようになりましたが、そこに至るまでには非常に悔しい思いをし続けました。

 

自分より圧倒的に実力のある方に会う方法として、一つだけコツを伝えるなら

自分から先に相手の方が欲しいものを提供することです。

 

ただ「会って下さい」はビジネスマンとして通用しません。

(自分が面白かったり、若くてポテンシャルがあったり、相手の好みのタイプだった場合、話は別です。。笑)

 

一応、過去に読んだ人脈系で本質的なことが書いてある書籍を掲載しておきます。

レバレッジ人脈術

レバレッジ人脈術

 

 

 「人に頼ったりお願いしたりするのではなく、あくまでもコントリビューションで関係を深めながらお互い切磋琢磨し、関わった全員が相乗効果を得ていこうという精神」ここがミソですね。

要は誰かのために、自分の能力向上に投資し続けろということですね。 

 

4,自分の頭で考えるスキル

現在のような情報過多の時代、情報収集能力と同時に情報選択能力が非常に重要だと考えています。

ネット上でまともなことを言ってるようで、本質から逸れたことをいかにも、いかにも本当かのように論じている方が結構いますが、その類の方は発信力が強くなりやすいため、信じきってしまう方が散見されます。。

そんな方はこれを読むといいかもしれません。

 

オウム真理教の信者を洗脳から解放した、脳科学者の苫米地さんの本です。

世の中に数多く、似非脳科学者がいるようですが、彼は本物です。 

洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~

洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~

 

 

本当にその情報は本質を突いているか、ソースは本物なのか?など、突き詰めて考えて、場合によっては情報の発信者に直接インタビューをするような、一次情報を取りに行くスタンスが今後非常に重要になると考えています。

自分の頭で効率的に考える方法は、かなり訓練が必要で、僕も5年くらいかけてようやく少しづつ習得できてきました。本当に一筋縄にはいきません。

 

具体的に身につけるべきスキルは以下だと考えます。

 

・ロジカルシンキング

論理的に考えるためのスキルです。モレなくダブりなく、論理的に飛躍せず、相手を説得したり、資料を作成したりするための考え方のベースです。ビジネスによりますが、コンサルタントやIT業界、経営者など戦略を策定する際に必須となる超基礎スキルです。これは、ちゃんとできる人にフィードバックをいただき、詰められまくらないと身につかないのですが。。

 

これは定番ですが、何度か読み込みました。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

 

 

 このシリーズは最高に分かりやすいですね。

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

 

 

・問題解決思考

これは論理的思考ができるようになってからの方が良いと思いますが、現状と理想の差を問題と定義して、それをどうやって埋めていくのかを、定量的な目標とアクションプランに落とし込んでいく方法です。これができれば、どんな仕事にも応用し、素早く結果を出すことができる可能性が高くなります。

 

初めての方は、こちらがおすすめですね。

学生時代政策立案コンテストに出る時に読みました。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

 

 

 ビジネスに落とし込むには、こちらがオススメです・

問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術

問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術

 

 

・フレームワーク思考

これは思考を効率的に行うために覚えておくべき型です。有名なものでは、(顧客:Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つに分解する「3C」というフレームワークや、ヒトモノカネといった物もあります。ちゃんとした目的を持って使えば、分析の切り口が良くなると思います。

 

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

 

 

 

・システム思考

ロジカルシンキングにはある程度限界があります。僕の考えでは、西洋的な要素還元思考では科学的に証明されたり、実証されたりしたものを偏重している気がします。もちろんそれは非常に大切なのですが、「それだけじゃないだろ!」と、突っ込みどころが満載な感じになってしまいます。「頭はいいけどなんか違う」と周囲に評価されるようなタイプの方は読んでみることをお勧めします。世の中はロジックでなく、最終的には感情で動くことが分かるかもしれません。

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

 

 

5,素直に謙虚に学び続けるスキル

これから変化のスピードがさらに早くなる時代の中で、大切なスキルというか人格的なあり方の話です。大切なのは、自分の思い込みに自分自身で気づき、自分の仮説が誤っていたなら瞬時に修正するというマインドだと考えます。そのベースとなるのは、「何かを実現したい」という強い欲求と「謙虚に学ぶ」というあり方なのではないでしょうか。自分自身の思い込みに気づけるようになると、相手の思い込みにも気づけるようになり、人をあるべき方向に導くことができるようになると考えています。

 

道をひらく

道をひらく

 

 

 

最後に 

これからは「個」の時代となりますが、

劇的な環境の変化に左右されず、自分らしく生きる自由を獲得するため、

ぜひご紹介した5つのスキルを獲得していただければと思います。

 

これは、所属されている組織によってはかなり難しいかもしれませんが、

ブログを始めるといった程度の行動で、当事者意識がかなり上がっていくので、ぜひスモールスタートをお勧めします。