読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

レール外れて起業する前の自分に言いたいこと

f:id:gayan2:20161006224403j:image

会社を作って3カ月になりますが、自分で腹を括ってやり始めてから、組織の中で決められた仕事をやる時とは違った学びばかりです。

自分の成長速度がダイレクトに会社の存続を決めているというリスキーな感覚です。

最近バズってた「大学辞めて、レール外れて起業します」の記事を読みながら、ああ少し前の自分だーという思いにふけっています。


自分自身の振り返りも兼ねて、起業する前の自分に言ってっておきたかったらことをまとめてみます。

イノベーションを起こすことが経営者の仕事ではないよ

これは最近流行りのスタートアップとは逆行するかも知れませんが、創業初年度はまずイノベーションなんて不可能じゃないかと思っています。

ビジネスマンとしての経験が浅く、1社目の起業である自分にできることは限られており、間違っても派手に資金を調達をして、「イノベーション!」とは言えるレベルではないかと。

自分の場合はまず経営者として、創業初年度の黒字化させ、次に新規事業に投資を行っていく状態にすべきだと判断しています。その結果、長期的にイノベーションに向けてチャレンジできる状態にできるのが理想です。

変に実現が不可能な大きなことを言って、周囲の注目を惹きつけようとしていたことは無駄でしかなかったですね。

事業計画書の作成をすぐにでも辞めなさい

創業当初に考えた、未検証のアイデアはほぼピボットせざるを得ない状態になります。自分も、これはワクワクすると、綺麗なポンチ絵を並べた事業計画書を、綺麗に右肩上がっている利益計画を添えて作り続けていました。

ホントに利益を何も生まない無駄な作業でした。それよりも、まずは事業を作ってみて、小さくてもいいから目の前の一人の問題を解決してあげる。その中から得た学びをすぐに次につなげる。そのサイクルを回さないと事業でキャッシュが入ってくるまでにとてつもない時間がかかります。

とにかく小さく初めて、早く小さく失敗する。その小さく失敗し、仮説検証をした回数が、事業の収益までの距離を如実に表していると感じます。

何が何でもキャッシュを作れ!

これは資金調達を行わず、いわゆる自己資金で事業を行う、ブートストラップを前提としていますが、とにかく早くキャッシュが入ってくる仕組みを作る必要があります。

起業したての時はテンションが上がっているので、目下の生活を成り立たせることの優先順位が下がってしまいがちです。ここに大きな穴があります。

どんどん自己資金がバーンしていくと、焦りが募り、当初思い描いていたビジョンをキープしたり、事業をじっくりと構築する余裕がなくなってきます。そうすると、とにかく金が稼げそうな当初の方向からはずれた方に意識が向いてしまい、結果的に何やってんだ自分状態になります。

最後に

特に最近のスタートアップブームを見ていると、自分と同じような境遇に陥る人が増えてくるんじゃないかと思っています。すごく現実的ですが、創業当初はとにかく、生活を安定させて、事業を作っていく基盤を構築することに全力を尽くす必要があると思います。完全に自戒を込めて。

超使えるビジネス英語/英単語25個まとめ【動詞編】

f:id:gayan2:20161004205357j:plain

 

ビジネス英語で苦労されている方は多いのではないでしょうか。

日常的に日本語で利用している「あの単語」がなかなか出てこない!

という経験がある方は非常に多いと思います。とってももどかしいですよね!

 

僕は一緒に会社を経営しているメンバーが全員外国人ということもあり、毎日のようにビジネス英語を使います。そして、その中でよく使われていると感じるビジネス英単語を25個まとめてみました。

中には中学生レベルの英単語もありますが、非常に便利なワードであるため、あえてビジネス英語として掲載しています。

できれば、このブログを読まれる際に、英文を音読していただけると、より定着しやすくなるかと思います!

 

厳選ビジネス英単語25選! 

1,accept (受け入れる)

司に自分の提案が受け入れられないと悔しいですよね。
「クッソ、あの上司が!」と嫌いな上司の顔を思い浮かべながら言ってみましょう。
My boss didn't accept my proposal.
私の上司は、私の提案を受け入れなかった。
 
ビジネスでは、誰かに何かを受け入れてもらう必要があるため、acceptは日常的に利用していますね。
 

2,advertise(宣伝する)

ネット広告業界を中心に広告のことを「アド」と言いますが、語源はadvertiseです。
どんな商品であっても、宣伝を行う必要があるため、必須の表現ですね。
 
自社の商品企画会議でを思い浮かべて、英語でこう言ってみましょう。
We should advertise our products in the mass media.
私たちは商品をマスメディアで宣伝すべきです!
 
ちなみに、広告主は「advertiser」ですのでセットで覚えておきましょう。
 

3,approve(承認する)

これはaccept(受け入れる)とも近いですが、より「承諾」の意味が強くなります。
 
例えば自分が上司で、部下の提出した予算案を見ながらこういいましょう。
I will approve this budget plan.
この予算案を承認しよう。
 
これはaccept(受け入れる)とも近いですが、より「承諾」の意味が強くなります。例えば自分が上司で、部下の提出した予算案を見ながらこういいましょう。
I will approve this budget plan.
この予算案を承認しよう。
 

4,cancel(取り消す・キャンセルする)

一旦何かが進んでいたとしても、それを取り消さざるを得ない時はよくあります。 上司の急な出張により、明日の会議を取り消す場合はこう言いましょう。
I'm sorry but we have to cancel tomorrow's meeting.
申し訳有りませんが、明日の会議は中止にしなければなりません。
 
また、ホテルにキャンセルの連絡を入れる時には、
Can I cancel tomorrow's reservation?
明日の予約を取り消すことはできますか?
 
と尋ねててみましょう
 

5,complain(不満を言う)

ビジネスを進める上で、不平や不満、そしてクレームを言われるときもあります。そんなやばいシチュエーションを想像してこう言ってみましょう。
Some clients complained about our services.
数名のクライアントが弊社のサービスに不満を言っていた。

 

6,complete(完了する)

やっとの思いで完了させたプロジェクト。
「やりきった」とテンションの上がったタイミングでこう言ってみましょう。
 
We completed the project!
そのプロジェクトを完了させたよ!

7,confirm( 確認する)

ビジネスはなにかと確認が必要です。
特に英語ベースで仕事を行うと勘違いが発生しやすいので、しょっちゅうこのワードを使用します。例えば以下のようなシーンで良く利用できます。
We're going to confirm the matter with a client before finalizing.
私たちはその件を最終決定するために、クライアントに確認する予定です。

 念入りに確認をするというニュアンスが強く、慎重にならないといけないときに良く利用します。

 

8,convince(説得する)

誰かを説得して行動を起こしてもらう時に、頻繁に使用する表現です。
これもあなたの上司を説得するシチュエーションを想定して、読み上げてみましょう。
 
I will try to convince my boss to take a vacation.
休暇をとるために上司を説得するつもりです。
 

9,decide(決める)

これはもはや毎日使っている表現です。
毎日何かしら決定しているので、以下のような表現は繰り返し口に出してみましょう。
I decided to join a startup company .
私はスタートアップ企業に入ることを決めました。

  

10,decrease(減らす)

利益を出すことが企業の至上命題。
そのためには減らさなければいけないものと言えば「コスト」ですね。
コスト削減を行う際に周囲にこう呼びかけるのがいいかも知れません。

We aim to decreace the cost by 30%.

私たちはコストを30%削減することを目指します。

 

11,distribute(配送する)

 プロダクトが出来た後は、それを市場に流通させなければなりません。
そんな時の使えるのがこの単語です。
We aim to destribute our new product to French market.
私たちは新しい商品をフランス市場に流通させることを目指します。
 

12,encourage(促進する)

マーケティングプランの目的は、誰かに何かを買ってもらうことです。
顧客にどのようにアプローチするかを話し合うシチュエーションではこう言ってみましょう。
We should create marketing strategy to encourage our customers to buy new products.
私たちは顧客に新しい商品の購入を促進するために、マーケティング戦略を考えるべきだ。 

 

13,extend(拡大する)

企業の海外進出の話題になった時に頻繁に利用するワードです。
海外に事業を拡大するかを議論する時以下のように話してみましょう。

We are planning to extend our business to Southeast Asia.

私たちは、東南アジアに事業を拡大させることを検討しています。

 

14,improve(改善する)

 日本語のKAIZENはもはや世界的に使用されるワードですが、
ビジネスにおいて非常に大切なキーワードです。
業務改善などで利用できるワードです。
How to improve business process?
どうやってビジネスプロセスを改善するのですか?

 

15,increase(増加させる)

これは先ほどご紹介したdecreaseの対義語ですね。
先ほどとは対照的に、ビジネスで増やすべき「利益」についてこう言ってみましょう。
We have to increase profit by 50%.
私たちは利益を50%増加させなければならない。 

16,inform(伝える)

誰かに何かを伝える時には、tellなどの基本的な単語でも良いのですが、
よりビジネスライクにする際はinformが最適です。
My boss informed the client about our new products.
私のボスはクライアントに新しい製品について伝えた。

17,invest(投資する)

企業は常に投資対効果を見ながら企業を経営しなければなりませんね。
その際に使用する重要なワードをご紹介します。
Our company decided to invest $1million in the startup.
弊社はそのスタートアップに100万ドルを投資することを決めました。

18,join(加入する)

日本でもおなじみのフレーズですが、意外とビジネスにおいても使える表現です。
何かの会員に加入するという意味や、会社に入社するという意味でも使用できます。
He joined an apparel company as a director.
彼はアパレル企業に役員として入社した。
 

19,order(依頼する)

レストランなどのオーダーだけでなく、ビジネスでは「受注・発注する」という表現をする際に利用できます。
We got an order from a Chinese company!
私たちは中国企業から受注したよ!

20,pay(支払う)

これは基本中の基本ですね。

支払い方法について話す事が非常に多いので、手段を表すbyとセットで覚えておきましょう。
Can I pay the fee by credit card?
料金をクレジットカードで支払っても良いですか?

 

21,provide(提供する)

誰かに何かを与える時、最も基本的な表現はgiveで最低限伝わりますが、ビジネスの場合はあまりふさわしく無い場合があります。ビジネスではこのように表現してみましょう。

Our company provides developing countries with clean water.

弊社は発展途上国にきれいな水を提供しています。

 

22,refuse(断る)

交渉の際には特に、自分たちの立場をはっきりとさせる必要があります。
そして、 ノーなら明確にノーと相手に伝える必要があります。そんな時に役立つのがこちらのフレーズです。
 
We refused their offer.
私たちは彼らの申し出を断った。

23,return(返す)

何かを貸し借りすることはビジネスの現場で日常茶飯事ですよね。

そんなときは、この表現を使ってみましょう。

I have to return some money to him.

私は彼にお金を返さなければならない。 

24,send(送る)

ビジネスの取引に置いては、主にヒトモノカネ情報が基本となります。
それらのやりとりをする際に利用できる便利な表現です。
 
I will send you an email as soon as possible.
私は出来るだけ速くあなたにメールを送ります。
 

25,suggest(提案する)

ビジネスにおいては、上司やクライアントなど、誰かに何かを提案することが日常茶飯事ですね。そこで、この表現が非常に便利です。

I suggested new solution to the client.

私はクライアントに新しいソリューションを提案した。 

最後に

これまで25のビジネス英単語をご紹介してきましたが、

あくまでの頻繁に使用する表現のごく一部に過ぎません。

 

さらに表現を勉強されたい方におすすめの教材をご紹介します。

 

英会話ペラペラビジネス

こちらは、実際にビジネス英語で仕事をしていて、「ああ、これよく使う!」といった表現が非常に多く、あいさつや、ミーティングなど場面ごとに適切な英語表現が掲載されています。付属のCDも秀逸なため、おすすめです。

ビジネスに効く英単語101

最も挫折しにくい3ヶ月ビジネス英語勉強法

f:id:gayan2:20161002130658j:plain

 

ここ数日間インドから視察で来られたお客様に、日本市場の状況をお伝えしたり、日系企業に対するプレゼンの通訳を行ったりしていました。

 

インドで数社会社を経営されているとのことで、日本に新たな市場機会がないかということで、視察のアテンドをさせていただきました。

 

その中で感じた事は、日本の英語力のなさによる参入障壁の高さです。恐らく英語で電話を掛けたときに、相手の話していることを理解して、相手の目的に応じた対応ができる方は、ビジネスマンの中で1割程度ではないでしょうか。

 

ある意味、英語が話せないという言語障壁によって、日本市場は外資競合の脅威から多少身を守れているのかもしれませんが、日本人や日本企業が海外にビジネスを展開する上で、やはり英語は永遠の悩みの種になるかと思います。

 

誤ったビジネス英語学習法の3つの典型例

f:id:gayan2:20161002172724j:plain

ここで言及する「英語力」とは「ビジネスの現場で意思疎通ができる英語力」のことを指しており、TOEIC等の検定試験の点数とは相関があれど、点が高ければこの英語力が高いというものではありません。要するに、「英語を使って仕事の成果を出す力」という意味での英語力のことを指しています。

 

そして、多くの挫折経験者の方を見ていると、だいたいの方に共通する、挫折の原因があることが分かってきました。おそらく色々な情報商材や教材が色んな事を言っていますが、ビジネス英語勉強に関する挫折の原因は「英語勉強法」にあると考えています。

 

 僕は多少才能の差はあれど、それなりに正しい英語の勉強法を一定期間継続して行えば、誰でも英語で意思疎通できるレベルになると考えています。これは運転免許の取得に例えてみると分かりやすいかもしれません。僕は車の運転のセンスが皆無なので、取得に非常に苦労したのですが、免許取得可能な年齢層の60%程度が取得できていることを考えると、人の基底能力は素晴らしいなと思います。

 

車の運転は実技試験と筆記試験が行われますが、どちらもある程度のインプットとアウトプットが求められます。インプットした適切な知識を、車の運転というアウトプットに応用できる能力は、程度の差こそあれ英語とさして変わらないのではないかとさえ思います。

 

前置きが長くなりましたが、「ビジネスの現場で意思疎通ができる英語力の獲得」という目的に照らし合わせてた際に、現状自分の意志が殆ど伝えられない方が現場で使える英語力を獲得するのに、非常に効率が悪い方法をご紹介します。

 

英会話学校で外国人と英語で話す

f:id:gayan2:20161002095632j:plain

これが最も多いのではないのでしょうか。ビジネス英会話で殆ど自分の意思を伝える事ができない方にとって、始めからいきなり講師と話す事はハードルが高く感じるでしょう。

実際、僕もかなりの数の体験レッスンを受講したのですが、「全く話せない人にとって適切なプログラムを提供しているか」という観点で見たときに、大手の英会話学校を中心とした既存の英会話学校では目的が達成しにくいのではと考えています。

大手の英会話学校は、マンツーマンとなると、高いところでは3ヶ月程度で50~60万程度受講料が掛かるところもあり、投資対効果が非常に悪いと感じてしまいます。

 

もちろん講師の質が悪いと言った議論をしている訳ではありませんが、適切なフェーズで適切な学習方法を提供している大手の英会話が学校が非常に少ない印象です。

 

恐らくこれは非常に根深い問題で、英会話学校の「講師お抱え型ビジネスモデル」と「完全に成熟化している英会話学校市場」において、マーケティングコストと人件費がとてつもなく掛かっているため、「いかにして結果を出すか」よりも「いかにして顧客にマーケティングするか」がメイントピックになっているからではないでしょうか。

 

とにかく、英語のベースとなる基底能力がついていない時点で、大金を叩いて外国人といきなり話すというアプローチを取らない事が無難です。

 

ただしモチベーションキープという観点では有効だったりするので、「とにかく話したい」のであればオンライン英会話などでカバーするのが無難かと思います。

 

TEDやPodcastを使って、音声をひたすら聞き流す

f:id:gayan2:20161002100041j:plain

これもやってしまいがちですよね。僕も英語学習初期はこの勉強法にハマっていました。「◯◯ラーニング」という商材に触発され、できるだけ速い音声で英語を沢山聞けば、英語がある日突然聞いたり話せたりするのではないかと考えていました。

 

趣味程度で英語を勉強するなら全然構わないのですが、ビジネスで英語を話す緊急度が高い場合は、そこに投下している時間を、できる限り早く「アウトプットベースの勉強方法」に切り替えることをお勧めします。

 

音声で聞いた英語を理解し、自分のボキャブラリとして獲得することは、実はハードルが高く、英語の基礎的な構文を理解できる「基底能力」がつくまでのこの手のトレーニングをしないことが無難です。

 

TOEICの点数を上げることを目的とする

 これは手段が目的化する最たる例ですね。TOEICの点数というものは非常にトリッキーで、例えば点数が800点以上あるがために、自他ともに「英語が使える」というセルフイメージを持ちがちかと思います。そして、受験戦争をくぐってきた方ほど点数を上げることに躍起になり、気づけば「ビジネスで英語を使う」という目的から「点数を挙げて自慢する」ことにフォーカスがずれてしまいます。

 

注意しなければならないのは、TOEICの点数を挙げる勉強と、話せるようになるための勉強のアプローチが根底の部分で異なっているため、それらを混同してしまうと、目的から逸れてしまうことになります。TOEICは読解やリスニング等の「理解力」「問題の処理速度」等の「インプット」の精度を上げるアプローチとなるため、ビジネスで使用する「アウトプット」を目的とした場合には非効率と言えるかと思います。

 

逆に、英語の文法や構文理解など「基底能力」を上げていけば、TOEICのリーディングやリスニングも確実に上がっていくため、後述する「英語力の底上げ」のアプローチを取られることをおすすめします。

 

3ヶ月で「最低限の英会話」を目指すアプローチ

では、ビジネス英語の勉強に挫折しやすい日本人のビジネスマンが、3ヶ月程度で最低限のコミュニケーションが取れるようになる方法を、順を追って具体的に書いていきます。

 

 前提として、あくまでもビジネス英語を使って特定の結果を出すための「最低限の英語力」の獲得を目指しています。そのため、「アメリカの映画を字幕なしで観たい」「ネイティヴと流暢に日常会話を楽しみたい」といった目的には適さないかもしれません。

 

1,英語を話す目的を「極端に」明確にする

f:id:gayan2:20161002124146j:plain

 

これは最も大切な「英語勉強のゴール設定」に関わってきます。これによって英語勉強法がまるっきり変わってきます。

 

ここで言う「極端に」とは例えば以下のような形です。

a,イスラエルで行われるウェブマーケティングカンファレンスに出席し、現地のマーケティングツールを日本に輸入するために英語で交渉する 

b,アメリカから来日した自動車部品メーカに、日本の自動車メーカーとの面談を設定し、提携を実現するために英語で会議をファシリテートする

c,ドイツの飲食チェーンに日本食Aを売り込み、契約を締結するために、通訳を介さずに英語で営業を行う

このように、先にアウトプットを前提として目的を具体的にイメージすることで、「必要な勉強」「不必要な勉強」を明確に分け、選択と集中を行い、短期間に英語力を向上させることができます。

 

例えば、上に上げた例aの場合は必要な英語は、

・ウェブマーケティング業界で使用される英語

・価格や商品内容、強みや弱み、実績などをを聞き出すための英語

・パートナー提携を行うための英語 

などに分解することができ、これらにフォーカスすることで、「目的」に対して「手段」を適切に選択することができます。

 

このようなプロセスでは、

・アメリカ人が日常的に使う挨拶フレーズ

・オバマ大統領の演説スピーチ

・TOEICのリスニングの勉強 

といったような「一般的な英語の勉強」が適さないことは明確ですね。

 

2,中学レベルの文法と構文で会話するトレーニングを行う

f:id:gayan2:20160419101939j:plain

1,で目的を絞った後にやるべきことは、英会話の基礎を叩き込むことです。これは最低限コミュニケーションを継続させるためには、必須です。

 

中学レベルの構文を使ったコミュニケーション力さえ獲得できれば、

例えば「弊社と取引する企業を探している」というフレーズに対して、「We are looking for some companies to deal with」というようなシンプルなワードと熟語で、言いたいことを十分相手に伝ることができます。

 

ここで述べた「英会話の基礎」について体系的に書かれたトレーニングブックがあります。僕が勝手に「神教材」認定している、以下の本です。

 

3,英語の使用シーンを想定した英文を作成し、音読を繰り返す

f:id:gayan2:20161002125210j:plain

ここでは2, によりある程度英会話力が上がってきたタイミングで、ひたすら目的に応じた単語やフレーズを詰め込みます。

 

これはつまり、ビジネス英語の「テンプレート」を作ってしまう方法です。

先にカンニングシートを作ってしまい、それを丸暗記して試験に臨むイメージです。

 

実際に僕が英語を使用してビジネスを行ってみて気づいたことは、使用するワードが驚く程限定的であるということです。MTGやカンファレンスで話す言葉は、業界特有のものであったり、ある程度バックグラウンドが分かってるものが大半のため、必要最低限の「カンニングシート」を持ってけば、かなり幅広い範囲に対応することができます。

 

具体的なトレーニングとして、上述した

a,イスラエルで行われるウェブマーケティングカンファレンスに出席し、現地のマーケティングツールを日本に輸入するために英語で交渉する 

という例であれば、まずは日本語ベースでどのような会話が想定されるかをまとめてみましょう。例えば弊社では現在◯◯というマーケティングツールをこのようなオプションで、主にA,B,C社をクライアントとして販売しています」といったようなものです。

 

そして、その後は一度頑張って自分で英作文を作ってみましょう。 ここでは、オンライン英会話等を利用して、先生に作成した英文をチェックしてもらうのもありです。

 

ちなみに、何度も使い回せる例文として、おすすめなのは以下のテーマです。

・自己紹介(出身地、小中高時代のこと、大学の専門分野等、キャリアビジョン)

・会社紹介(自社の事業内容、強み、取引先、市場環境、競合、商品の価格帯、自分の担当業務等) 

以上を2,で学習した中学レベルの英作文でまずは自分で作成し、その後にできれば英語の講師に添削してもらいましょう。あとは、作成した文章をひたすら、音読、音読、音読です。勝手に口から英文が出てくるまで繰り返しましょう。

オンライン英会話は、実際に試してみた ところ、DMMがおすすめです。価格の安さと、講師のバラエティ、 利用可能時間の幅なら間違いなく日本一のサービスでしょう。 英会話

 

 

また、レアジョブ英会話の無料体験レッスンと比較してみても良いかもしれません。

こちらも無料体験があるので、合計4回分はみ無料体験がができることになりまとになります。

 

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

 

 

また、ビジネス上の定型表現等はこちらの本に非常によくまとまっているので、大変おすすめです。

 

会社としてやるべきこと、個人がやりたいこと

経営者になると、会社のミッションやビジョンが、経営者個人のそれらとほぼ同じになってくる。

人生をかけてやりたいと思った事業だから、個人と会社のビジョン、ミッションが同じになるのは必然だと言える。

しかし、あえて個人の願望ベースの「やりたいこと」にフォーカスしてブレストしてみることで、会社としてやっていきたいことがまとまるのではないかと思った。

そこで今日は、久しぶりに会社としてすべきことを一旦脇に置き、「人生でやりたいこと100のリスト」を作ってみた。

学生時代からたまにやっていたが、当時と比べて視野が明らかに広くなっているので、割とすぐに埋まった。

予想通り、仕事の話が殆どを占めるのだが、願望ベースで書いた「196カ国制覇したい」「196カ国の従業員を採用したい」という趣味的な部分でも割と経営戦略に反映されてくるもんだと気付いた。

100のリストはたまに見返しながら、自分のコアとなる価値観とか欲求の軸を深化させていこうと思った。


妥協できるところ、できないところ

経営者として、何を妥協できるのか、何は守らなければいけないか。

そもそも守る目的は何か?

利益なのか、会社の存続なのか、従業員なのか。

それを考える度に、何で事業を興したのを考える。

そんな小さなことのために、事業をやっているのか。

そんな小さなキャッシュフローに悩んでいるのか。

もっと、ダイナミックな打開策はないのか?

何かを重視すると、何かを失う。

失ったものが、取り返しのつかないものか、

そうでないのか。

この判断は、経験がないとできない。

利益を上げることにこだわるより、

経営者としての成長を意識しよう。

経営者一年生。

決して身の丈を超えるようなことはしない。

年輪のような経営を目指そう。