読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

英語はこれ以上目指すな!非ネイティブ日本人のプレゼン動画10選

 

f:id:gayan2:20170409100549j:plain

 
なぜ日本人は、相変わらずネイティブのような、英語を話すことに憧れるのでしょうか?
 
日本では、電車やテレビ、インターネットで日々英会話の広告をよく目にする機会があります。
そのほとんどが、ネイティブアメリカンのような英語が話せるようになることが、英語が話せる状態だと植えつけている状態だと感じています。
 
英語学習教材の販売者や英会話学校は、日本人の英語学習者がより英語学習にお金を落としてもらうために、マーケティング戦略を練っています。そして、受講者がネイティブのレベルには到底届かないことを知りながらも、ネイティブアメリカンのように話せるようになるという幻想を見せているのではないでしょうか。
 
「ネイティブ英語を目指せ!」「さもなければ英語ができたと言えない」と、受講者の理想を徹底して刷り込むことで、現状の間にある「問題」を無理やり創り続けているのではないかと感じます。
 
しかし一体、帰国子女でもない純ドメスティックな僕たちは、英語を話すことについて、何をゴールにしていけばいいんでしょうか?
 
この記事では英語を話せるようなった状態を、動画を通じて理解し、日本人の英語学習者の方に明確なイメージを持ってもらうことを意識した書きました。

日本人が目指す英語を誰も定義してくれない

 
日本では英会話学校や英語教材がこれほどまでに市場に溢れる中で、具体的にどれくらい英語が話せるようになればいいのか、どんな発音であれば相手にわるのかという、ゴールの設定をしてくれるものが非常に少ないと感じます。
 
「自分は発音が下手だから通じない」
 
その思い込みによって余計に英語を話すことが心理的にしんどくなってしまい、話すことが億劫になっることで、結果的に上達しないという悪循環になっているケースをよく見かけますが、非常にもったいないと感じます。
 

目指すべきはネイティブではなく、影響力を持つ日本人が話す英語

 
僕も当初はネイティブのようになりたい、かっこよくアメリカ人風の英語を英語を話してみたいという憧れはありました。発音をアメリカ人っぽく強制させるために、何度も自分の発音を録音しては、アメリカ人ネイティブの発音と聴き比べました。どうしても完璧にネイティブの英語が、自分の口で再現できないことにフラストレーションを感じている期間が結構長くありました。
 
しかしある時、ふと気がつきました。
  • 一体、自分はどこに向かっているのだろう?
  • ネイティブっぽい発音ができることで、何が得られるんだろう?
と。
 
確かにネイティブっぽい発音ができることで、英語ができるというセルフイメージと、他人から「あの人は英語ができる人」と認識されることは多くなります。しかし、僕が目指していた英語は、ビジネスシーンで相手と交渉をしたり、プレゼンテーションをしたり、あとは心から通じ合えるような友達を作ることだと気づきました。
 
であれば、自分が例え満足していない発音であったとしても、どのような発音や話し方であれば最低限相手にちゃんと伝わるのかということに意識が向くようになりました。
 
そう考えているうちに、
  • 日本人っぽい訛りのアクセントがあっても、相手に考えを伝えられれば問題なくないか?
  • なんなら日本人訛りのジャパニーズ英語でも作り出した方がよくないか?
と、ある意味英語の発音についてこだわりを持ちすぎていた自分から一歩引いて、ある意味吹っ切れました。
 
そして、それに気づいてからは、ネイティブの発音を目指すのではなく、「国際舞台で英語を話し、影響力を持っている日本人」を自分のロールモデルとして、英語を話す練習をすることにしました。
 
そうすると、ネイティブのようになりたいという変な幻想やプライドが消え、むしろ日本語の訛りを残しながらも、しっかりと相手に伝えようと話す自分の英語のスタイルに自信を持つことができました。
 
 
それでは日本人が目指すべき「国際舞台で英語を話し、影響力を持っている日本人」の英語とはどんなレベルなのでしょうか?
 
ここからは、僕が英語を学ぶ際にお手本にさせていただいた、日本人が英語でプレゼンテーションやインタビューを受ける動画を紹介していきます。
 
僕の興味関心によりITやスタートアップにやや偏っている感じはありますが、動画で紹介されているスピーカー達のレベルで英語が話せれば、日本人の英語力としてはもう十分であり、そこから先はもっと本業のスキルアップに集中した方がいいと感じています。
 
 

日本人の英語①:ソニー創業者 故盛田昭夫氏

日本の歴史上の偉人であり、共同創業者の井深大氏と共にソニーを日本発のグローバル企業に育てた盛田昭夫氏の英語でのインタビューです。トランジスタラジオやウォークマンをを世界中でヒットさせ、世界的スターの故マイケル・ジャクソン氏とも親交が深く、世界中で尊敬を集めた日本の経営者です。
 
盛田氏の英語は比較的日本語訛りの強い英語ですが、自信に満ちた、非常に迫力のある話し方です。相手の質問を的確に捉え、一語一語を非常にはっきりと話されています。しかも、途切れることなく、はっきりと相手の見て語りかけるように話すその話し方は、日本人のビジネスマンのロールモデルになると感じています。
 
 

日本人の英語②:ソフトバンク創業者 孫正義氏

 
現代の日本の代表的な実業家、ソフトバンク創業者の孫正義氏の英語のインタビューです。フォーブスの2016年版の世界長者番付では日本国内では2位となっており、日本の財界でも圧倒的な影響力を持っています。
 
孫氏は高校を中退して渡米し、アメリカの高校を卒業後、1977年にカリフォルニア大学バークレー校に入学しています。その際に、英語の基礎能力を身につけられたと考えられます。
 
孫氏の英語は、非常にシンプルかつ強いメッセージがあり、時折身振り手振を交えながらゆっくりと話します。話し方は決してネイティブを真似しようなんてことはせず、自分の言葉で、着実なコミュニケーションをしています。
 

日本人の英語③:花王代表取締役 澤田 道隆氏

 
花王の代表取締役、澤田 道隆氏の英語での挨拶です。澤田氏は大阪大学を卒業後、研究開発に31年間携わり、2000年代には売り上げが低迷していたオムツブランド「メリーズ」の事業改革を行い、大きな成果をあげました。その功績により、2012年には花王の代表取締役に就任しています。
 
澤田氏の英語はこの記事でご紹介する中では、最も日本人訛りが強い気がしていますが、単語一音一音が明瞭なため、無理やり早口でまくし立てるような話し方に比べると、多国籍の人に着実に伝わる話し方だと思います。
 

日本人の英語④:元マイクロソフトCEO樋口泰行氏

世界長者番付で1位のビルゲイツ氏が創業した世界的なIT企業、マイクロソフト。その日本拠点のCEOを2年間務めたのが、樋口泰行氏です。樋口氏のキャリアは大阪大学を卒業後、松下電器産業入社(現パナソニック)に入社。ハーバード・ビジネス・スクールのMBAを取得後はコンサルティング会社の名門、ボストンコンサルティンググループに入社。その後も、スティーブ・ジョブズ率いるアップルコンピュータ入社し、ダイエーやヒューレットパッカードの代表を務めるという、まさに絵に描いたようなエリート街道を歩んでこられた方です。
 
動画ではIT産業のトレンドについて、英語でインタビューを受けています。英語の発音はやや日本人の訛りを残しつつも、落ち着いた雰囲気で、論理的かつ冷静にインタビューに対応されています。外資系企業のトップを数社務めた方ですが、決してネイティブのような話し方はせず、自分が話しやすいように英語を自分用にカスタマイズされている印象を受けます。
 
 

日本人の英語⑤:ディー・エヌ・エー創業者 南場智子氏

アジアで最も成功した女性起業家の一人、ディー・エヌ・エー取締役会長の南場智子氏の英語です。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社したのち、ハーバード・ビジネス・スクールに入学しMBAを取得というエリートキャリアを歩まれています。1999年に株式会社ディー・エヌ・エー設立、代表取締役に就任しています。最近はキュレーションメディアの騒動で色々と大変なディー・エヌ・エーですが、南場氏の英語も大変参考になります。
 
動画ではディー・エヌ・エーの創業ストーリーを話されていますが、時折笑いを誘いながらも、会場全体を巻き込むカリスマ的なプレゼンテーションをされています。南場氏の英語もやや日本語訛りはありますが、英語の話し方に抑揚をつけ、時折話すスピードも変化させながら、感情にぐっと入り込んでくる話し方をされています。
 
 

日本人の英語⑥:脳科学者 茂木健一郎氏

脳科学者でおなじみの茂木健一郎氏の「サイエンス」についてのプレゼンテーションです。1987年に東京大学法学部を卒業後、1992年には理化学研究所の研究員に就任しています。現在は早稲田大学や慶應大学などで教鞭をとられています。
 
茂木氏の英語のプレゼンテーションは、これまでご紹介した英語のプレゼンテーションの中では最も早口かもしれません。とても情熱的で、それでいて論理的な茂木氏のプレゼンテーションは、やはり日本語訛りではありますが、効果的にスライドでビジュアルを使いながら、分かりやすく伝える手法に長けていると感じます。
 
 

日本人の英語⑦:ネットイヤーグループCEO石黒不二代

2008年に東証マザーズに上場した、ネットイヤーグループCEOの石黒氏のプレゼンテーションです。石黒氏は、名古屋大学経済学部卒業、日系、外資企業を経て、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得されており、1999年にネットイヤーグループのCEOに就任しています。
 
石黒氏のTEDでマーケティングについてのプレゼンテーションを行なっています。英語の発音は他の日本人と異なり、独特の重厚感のある話し方をされていると感じます。
 
 

日本人の英語⑧:LINE執行役員 田端信太郎氏

www.youtube.com

ソーシャル上でも非常に影響力がある、LINE執行役員の田端信太郎氏の英語です。動画は海外テックイベントでの英語でのピッチです。田端氏は1999年に慶応大学経済学部を卒業した後、NTTデータに入社。その後、リクルートやライブドア、外資系出版企業を経てLINEに入社されています。
 
ビジネスマンとしては、まずは田端氏のレベルを目指すべきだだと感じます。発音は日本語訛りが比較的強いですが、基礎的な文法を使って話されています。注目すべきは田端氏の英語勉強の方法ですね。こちらのnoteでは留学経験なしの田端氏がどのように英語を習得したのかが書かれています。ネタバレしない程度に紹介をすると、テキストの音読やシャドーイングを地道に何度も行い、英会話学校に通われていたようです。
 
 
 

日本人の英語⑨:元ミクシィ代表取締役 朝倉祐介氏

ミクシィ代表取締役、現ラクスル株式会社社外取締役の朝倉氏のスタンフォード大学での講義動画です。
朝倉氏15歳でオーストラリアの騎手養成学校に進んだ後、身長の伸びすぎにより騎手になることを断念して帰国。その後の怪我の影響で騎手としてのキャリアを諦め東大に進学。学生時代にネイキッドテクノロジーを起業し、卒業後はマッキンゼーに入社。在学中に起業したネイキッドテクノジーをミクシィに売却した後に、ミクシィの代表取締役に就任するという異色の経歴のの持ち主です。
 
朝倉氏の英語も日本語訛りはありますが、話すスピードや、時折ジョークを交えた、聴衆にとって聴きやすいプレゼンテーションをされています。1時間もの長時間の講義を英語でできるスキルは個人的に非常に憧れます。
 

日本人の英語⑩:Wantedly仲 暁子氏

最後にご紹介するのが、女性のテックスタートアップ起業家、Wantedly仲暁子氏です。ヘルシンキで開催されたslush asiaという、テックスタートアップが集まるイベントで20分間のプレゼンテーションを行なっています。仲氏は京都大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。その後まだ立ち上がったばかりのFacebook Japanに入社。2010年にウォンテッドリー株式会社を創業されています。
 
仲氏の英語は今回ご紹介したプレゼンテーターの中では一番ネイティブの発音に近いかもしれません。非ネイティブの日本人としては、このレベルまでに行くのが正直限界ではないかと思っています。このプレゼンテーションでは、創業ストーリーから、今後の新しい取り組み、そして会社のミッションまでを話されています。聴衆に行動を起こさせるレベルのプレゼンテーションとなっており、本当今後もお手本とさせていただきたいですね。
 
 

日本人の英語まとめ

 
これまでいくつか日本人の英語を紹介させていただきましたが、日本人で伝わる英語を話されている方に共通していることをあげてみました。
 

話す内容が魅力的

大前提として、聴衆に影響を与えるためにはコンテンツ自体が魅力的でなければなりません。それは人間的魅力とも言えますが、これまでご紹介して来た方は、個人の実力が非常に高い方が多いので、思わず聞き入ってしまいます。
 

自分のペースで話す

話すスピードは人によって多少異なりますが、自分のペースをしっかり持っていると感じます。いずれも英単語が例え出てこなかったとしても、マイペースを貫き、落ち着いて話されている方が多い印象を受けます。
 

文法は中学レベル

話す英語の内容は多少業界特有の専門用語は混じるものの、基本的には中学で習う文法レベルの組み合わせでスピーチが成り立っています。外資系企業の代表クラスでも、決して難しい英語は使ってないんですよね。
 
 
やはり、これまでネイティブの英語を自分の目標やロールモデルとしてこられた方は、まずは日本人でしっかりと話せる方を真似してみることが、英語の近道ではないでしょうか?そして、英語は最速最短で学び、あとはもっと本業のスキル向上に時間を使うのがいいと考えています。

メルマガ登録フォーム

【全6回配信】短期間かつ現実的に英語が話せるようになる方法を発信中

・英会話をマスターするために一番必要な○○

・3ヶ月でビジネス英語を使いこなす、大学院生の事例

・○○○○に特化すれば、確実に話せるようになる

など、短期間で現実的かつ戦略的に英語を学習するための方法を、全6回に渡って配信しています。

 

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

「若いうちの失敗は買ってでもしなさい」

といったことはよく言われると思います。

 

また、よく成功した企業が創業期の失敗をネタにして「こんなことがあったけど成功したので、当時の失敗はいい思い出だった」と言ったような話をすることは多いと思います。

ただ、これらの言動については、成功した人の結果論であり、できるだけ注意を向けて聞く必要があると思います。

 

そして、起業家にとっては、限りなく失敗の角度を下げる必要があると考えています。

もちろん、失敗を恐れて行動ができなくなってしまうと本末転倒ですが、起業家のよくある失敗パターンや、失敗した同業者を分析し、それがなぜうまくいかなかったのかを考え、同じ轍を踏まないようにすることは非常に大切であると考えています。

起業家の失敗パターンは、各企業によって表面上は異なっているかもしれませんが、その背後には共通の失敗の構造がある可能性があります。

 

例えば、競合の参入や、共同創業者との争い、資金調達の失敗などなど、よくある失敗のパターンが発生する構造やシステムを洗い出すことが非常に大切かと思います。そうすると、物事に対してのパターン認知が形成され、問題が起きそうになった時に、その予兆に気づくことができる可能性もあると思います。これは直感を鍛えることにも通ずると考えています。

 

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉にもあるように、起業におけるパターンのインプットを常に行い、予兆をしっかりと感じ取る。そして、適切な対策を講じていくことを欠かさずやるべきだなと最近よく思います。

 

「どんどんチャレンジして失敗しよう!」と思考停止した状態で、失敗に対する対策をしないと、非常に危険なことになるなと思いますし、ある程度事前のインプットなどをしておけば避けれられることも多くあると思います。

 

自戒を込めて。

 

 

 

会社経営の優先順位とは?悪循環を断つ思考法

最近、全体的に管理業務や間接業務に追われ、会社の経営において非常に重要な、売り上げを上げるアクションが殆どとれていない状態になっていた。

やることがありすぎで、片っ端からToDoリストに記載していくと、何が重要かの判断が徐々にできなくなってきており、重要なことではなく、手のつけやすいタスクから処理していく傾向にあると気づいた。

間接業務に時間を使う→資金的に厳しくなる→資金調達のための業務が増える→間接業務に時間を使う というような悪循環を産むシステムにはまりこみそうになっていることに気づいた。

会社にとって重要なことをまずは見極め、自分の得意なことに集中し、やらないことを見極め、アクションしていけなければならない。

大量に情報処理をしていく中で、ごそっと何かを捨てていく必要があるし、時間の使い方をある程度固定化しなければ成果が得られないと痛切に感じた。

このように、自分が悪循環のシステムにはまっていることは、一つ上の視点からメタ認知ができないと、なかなか気づいてそれを断つことが難しいので、なるべく経験のある人にアドバイスを求めた上で、問題の構造をあぶり出していく必要があると感じた。

最近読んだ本で、ある事象が起きる背景にあるシステムを把握し、問題解決を行う思考法である「システムシンキング」を掲載しておきます。

 

システム・シンキング入門 (日経文庫)

システム・シンキング入門 (日経文庫)

 

 

自分の感情と向き合うことについて

 

会社経営において、望むものやリスクが大きい分、自分の中のこだわりやエゴが表出して、感情的に収拾がつかなくなることがよくある。

 

また、将来が不安になったり、自分の実力不足で、ネガティヴな観念に襲われる時もよくある。

 

そんな中で、長い間かけて昔から習慣化してきた感情のマネジメント方法がある。

 

キーワードは「あるがままを認める」だ。

 

時折湧き出てくる嫉妬や自己嫌悪、イライラなどのネガティヴな感情は、決して否定してはいけない。自分はそう感じていないハズだと、感情を否定すればするほど、不安が増大する。

 

誰かにイライラしているなら、イライラしている自分がいると認める。

 

自己嫌悪に陥っている自分がいると、ただそうなっていると認める。

 

そして、もう一人の自分がいると想像して、自分がそう感じていると、他人の視点で感じてみる。

 

そうすると、ネガティヴな観念が暴走せずに、次第に収まっていったり、そう感じていてもいいんだと自分を許すことができ、感情の波が小さくなっていく。

 

結局、湧き上がる感情や思考は止めることは不可能であり、その思考が発生した後の捉え方を正常なものにする必要がある。

 

コツは、ただそう感じている自分がいると認めること、感情に正対することだ。

 

これについて、とても分かりやすく書かれている本を最近読んだのでシェアしておきます。

 

人間を磨く?人間関係が好転する「こころの技法」? (光文社新書)

人間を磨く?人間関係が好転する「こころの技法」? (光文社新書)